最近のトラックバック

« カルガモの親子 | トップページ | サクランボを拾う »

2010年5月15日 (土)

美術館でピアノ・リサイタル

 小さな私立の美術館で、ピアノ・リサイタルがあった。ここには、世界に12台しかないという、ベーゼンドルファーのピアノがある。これを弾きにイェルク・デームス(1928年生まれ、オーストリアの人)が、年に1回ほどやって来る。

ここで音楽会がある。観客は200人くらい。
P1010765

これが世界に12台しかないというピアノ。ふたを開けたところを、みんながのぞいている。
P1010770_2

中にはこんなサインがあるのだ。
P1010767
Paul Badura Skoda AND HIS PARTNER Jörg Demus と書いてある。スコダとデームスは、グルダと並んで「ウィーン三羽烏」といわれる高名なピアニストなのだそうだ。

 この日の曲目はシューマン。生誕200年記念で、子供のための曲ばかりだった。ピアノの音は、明るくかわいい感じで、ピアノが唄っているようだった。子供が幼かったときを思い出し、胸がジンとした・・・。

« カルガモの親子 | トップページ | サクランボを拾う »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/48367145

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館でピアノ・リサイタル:

« カルガモの親子 | トップページ | サクランボを拾う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ