最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

庭にグミがなった

 今年は庭のグミの花がたくさん咲いた。それなのに実は一つしかならない・・・。グミは実がつきにくいとか。実をつけるようにする薬もあるらしい。グミは東京でも、以前は住宅街によくなっていて、子供のころに食べた記憶がある。でも今回はたった一つ、もったいなくてただ眺めているだけ。そのうち鳥がつつきに来るかも。

P5292839s

2010年5月24日 (月)

『ナマコの眼』 鶴見良行 ちくま学芸文庫

 90ページもある索引と参考文献目録を除いても、574ページもある文庫本で、小さな弁当箱のような姿をしている。93年初刷。90年にハードカバーが刊行されている。実はそのとき買って読もうとしたのだが、途中で放り出してしまった。今回はどういうわけか、最後まで読んでしまう。情報として、現在ではやや古い部分があるかもしれない。
 東南アジアの細かい地名がたくさん出てくるので、地図を見ながら読まないと、何が何だかわからなくなる。ボルネオ、スラウェシ、ニューギニアなどの変わった形をしている島々の散らばるこのあたりは、地図で眺めていると何となく不思議な気分になる地域である。オーストラリア北部のアボリジニーとスラウェシ島南部の漁民との交流が、かつてはこれほどあったとは知らなかった。この両地域を一度に眺められる地図は存在しないと、鶴見は書いている。今ならGoogle Earthかな。
 本文の末尾はこうなっている。

〈星くずから太陽を眺め、ナマコの眼を借りてヒト族の歴史と暮しを考えてきた。もとよりナマコに眼がない。
 これは仮空に視線を合わせ事実を追った一片の物語である。〉

 脱線、寄り道がとても多く、それがまたおもしろい。こちらもそういうのを楽しめる年齢になったということか。遅れて読むのもいいかも。

R1010767
(AMAZONの中古で購入した)

2010年5月18日 (火)

ポピー

 ポピーが盛りだ。あのひっそりした虞美人草と、同じ仲間なのだろうが、印象はかなり違う。もちろん咲いている場所も。ここは花壇の中である。

P5132803
(デジ一眼に望遠ズーム)

2010年5月17日 (月)

サクランボを拾う

 公園のサクラの木に、実がなっている。小さな小さなサクランボだ。これ以上あまり大きくならないが、真っ赤になってあたりの道路を染める。

R1010775  

 もう少し熟れた実を、友人が食べてみたことがある。「甘い!」とか。
(カメラはRicho GRD。左上のシャープペンシルの先は、大きさの比較のためです)

2010年5月15日 (土)

美術館でピアノ・リサイタル

 小さな私立の美術館で、ピアノ・リサイタルがあった。ここには、世界に12台しかないという、ベーゼンドルファーのピアノがある。これを弾きにイェルク・デームス(1928年生まれ、オーストリアの人)が、年に1回ほどやって来る。

ここで音楽会がある。観客は200人くらい。
P1010765

これが世界に12台しかないというピアノ。ふたを開けたところを、みんながのぞいている。
P1010770_2

中にはこんなサインがあるのだ。
P1010767
Paul Badura Skoda AND HIS PARTNER Jörg Demus と書いてある。スコダとデームスは、グルダと並んで「ウィーン三羽烏」といわれる高名なピアニストなのだそうだ。

 この日の曲目はシューマン。生誕200年記念で、子供のための曲ばかりだった。ピアノの音は、明るくかわいい感じで、ピアノが唄っているようだった。子供が幼かったときを思い出し、胸がジンとした・・・。

2010年5月13日 (木)

カルガモの親子

 この池には毎年、カルガモがやってきて、今ごろはかならず子育てをする。いい天気だったのでのぞきに行ってみたら、池の奥から岸に向かってやってくるところだった。
P5132819

 おじさんがパンをちぎってやると、怖がる様子もなく近寄ってきて食べる。
P5132823

 成鳥になるまでに大部分が、カラスや猫、池の亀やナマズにとられてしまうとか。今年はここまで大きくなった数が、いつもより多いような気がする。
P5132827

2010年5月 6日 (木)

句集『一つ音』 岡本眸・ふらんす堂

 岡本眸が好きである。これは一日一句の体裁をとった文庫本の大きさの句集。5月のところには、こんな句が並ぶ。

〈飲食にいのち汗ばみゐたりけり〉
〈矢車にぶつかる星もありぬべし〉
〈明易や机上にきのふの文字ばかり〉


 静かな句が多く、かつての〈おのが分けし芒に退路断たれたり〉や、〈蟻殺す見失はざるため殺す〉といったような、荒々しい句は姿を消している。少しだけ寂しい。
 かつてはこんな句も詠まれた。

〈夫愛すほうれん草の紅愛す〉
〈雲の峰ひとりの家を一人立ち〉
〈うしろ手を解き十薬に親しみぬ〉

R1010745

2010年5月 5日 (水)

今日も暑い

 ここは東京都23区の北のはずれで、埼玉県はすぐそこ、よく区部の最高気温が出る。昨日は27.8度だったそうだが、今日もそれ以上になりそうな気配だ。連休最後の日で、子供たちで大賑わい。

P1010737

 親もなかなかの数で、ご時世なのかなあと思う。

2010年5月 4日 (火)

バードサンクチュアリ

 今日は暑い! バードサンクチュアリまで行ってきた。ゴールデンウィークも明日まで。なかなかの人出で、小学生を連れた家族が多い。今日はサギがいるそうだ。サンクチュアリの奥には、タヌキの一家も住んでいるとか。

P1010751_2  

入り口の階段のそばに、こんな石が置いてある。

P1010749s

 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ