最近のトラックバック

« アンズが咲いた | トップページ | 『戦争が遺したもの 鶴見俊輔に戦後世代が聞く』 鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二 新曜社 »

2010年3月19日 (金)

階段の多い街

 東京は階段の多い街だ。今日も誰かが降りてくる。

R1010719
(Ricoh GRD 板橋区立美術館の近く)

« アンズが咲いた | トップページ | 『戦争が遺したもの 鶴見俊輔に戦後世代が聞く』 鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二 新曜社 »

写真」カテゴリの記事

コメント

階段は上るためではなくて降りるためにある。
このお写真をみるとそう思います。
年齢のせいかもしれません(笑)

思い出です。
学生時代、地下鉄茗荷谷駅から小石川植物園に
向かう坂道を下って通っていましたが、
途中いくつもの階段があって、気分によって変えていました。階段を上るのが面倒で、そのまま植物園へ、ということもなんどか。
湯島天神の階段(男坂、女坂)も印象深いです。

まだ階段が苦手です・・・。でも坂道にはいつも、魅力を感じてしまいます。小石川植物園、仕事のついでに、ときどき寄るのが楽しみな場所です。そろそろ行かれそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/47851136

この記事へのトラックバック一覧です: 階段の多い街:

« アンズが咲いた | トップページ | 『戦争が遺したもの 鶴見俊輔に戦後世代が聞く』 鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二 新曜社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ