最近のトラックバック

« 『風天 渥美清のうた』 森英介 文春文庫 | トップページ | モミジバフウの実 »

2010年2月 6日 (土)

春を待つ川越のショーウインドー

 東京は月曜日に雪が降って以来、ずっと寒い毎日。出られないのをいいことに、巣ごもり生活を送っている。
 これは去年の今ごろ、川越で撮った。エスニックな衣類も扱っている小さなお店で、一番街・蔵の街のただなかにある。最近、川越には、こうした店が増えたような気がする。

R0010396
 

« 『風天 渥美清のうた』 森英介 文春文庫 | トップページ | モミジバフウの実 »

写真」カテゴリの記事

コメント

なんどか行きましたが
こういう感じのお店はみかけなかったです。
川越も時代の流れに対応して行かなくていけ
ないのでしょう。若い人は多く見かけますよね。

札の辻近くだったと思いますが、建築規制地域のすぐ外だったのかもしれません。

やっぱり札の辻の手前、一番街でした。3年くらい前からあると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548051/47491000

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ川越のショーウインドー:

« 『風天 渥美清のうた』 森英介 文春文庫 | トップページ | モミジバフウの実 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ