最近のトラックバック

トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

『われよりほかに─谷崎潤一郎最後の十二年』 伊吹和子・著 講談社

少し前に読んだ文豪の物語です。

 文豪・谷崎潤一郎の口述筆記者として、その最後の12年をともにした筆者の回想記。かなりの長編大作で四六判・500ページを超えます。第1章の最初が「おめもじ」とあるように、いまや古典的とも言える言葉遣いで語られる精妙な記述は、思わず引き込まれる魅力があります。おもしろいです、かなり。
 当たり前ですが、小説も思いつきだけで書けるものではなく、谷崎が新しい小説の主人公の職業・所在地・時期などを、筆者などを使ってかなり綿密に調べたことがよくわかります。またその暮らし方も超個性的、知られているように松子夫人の姉妹との縁が深く、まさに『細雪』さながらの毎日であったらしい。筆者との仕事も、我が儘と気まぐれのし放題、さぞ大変だったろうなあ。文芸物の編集者なんぞ、するものではない・・・?
 凡人から見れば谷崎はかなり「変」な人と言えると思いますが、その谷崎をここまで綿密に描く著者も、なかなかなのではないでしょうか。本の題は、谷崎の和歌〈我といふ人の心はたゞひとりわれよりほかに知る人はなし〉から取られています。ここに谷崎の晩年を知る人は「われよりほかに」ないという筆者の自負を、かすかに感じてしまうのは、私だけでしょうか。

R1010565_2

2009年10月25日 (日)

『中国五大小説』 上・下2冊 井波律子・著 岩波新書

 はじめまして。小さなカメラを持っての散歩と、読書が好きです。しばらく本のお話を少し。よろしくお願いしますね。

 寝付きが悪いから本を読むのか、本を読むから寝付きが悪いのか、よくわからないけれど、寝る前に読む本は、あまりおもしろすぎてもダメだし、理屈を納得しないと次に進めないタイプの本も向いていないように思います。それでこの本を選びました(著者が怒るかも)。
「三国志演義」「西遊記」「水滸伝」「金瓶梅」「紅楼夢」の5冊を紹介する本で、だいたいの荒筋がわかり、またその文学的特色もわかるようになっています。筋の紹介だけでもおもしろいです。隣の国の超有名小説ばかりだというのに、知らないことばっかりで、読みながら「へ~、そうだったのか」と何回もつぶやくことになりました。西遊記子供のころ楽しんで読んだ覚えがありますが、「金瓶梅」や「紅楼夢」がそんなにおもしろい話だったとは、想像もしていませんでした。思わず原作(翻訳で、もちろん)を読みたいと思いましたたが、5作ともそれぞれ文庫本で10巻を越す大作、辞めておきますかね・・・。 後書きによると、井波氏と岩波の編集者2人の鼎談から生まれた本のようで、文章がきれいに整理され読みやすいです。学生さんにいいのかな。

Img_0693   

横浜中華街・関帝廟で。三国志の関羽がまつられているのだそうだ。

トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ