最近のトラックバック

2018年12月13日 (木)

『遠い場所の記憶』  エドワード・W・サイード 中野真紀子訳 みすず書房

 先日のエルサレムの本以来、ずっとサイードを読んでいる。なかでも1999年に出たこの自伝がとても面白く、大判2段組み350ページの大作を、一気に読んでしまった。彼の子供のころから、ハーヴァードで大学院を終えるまでの前半生の記憶が、丹念に率直な文章でつづられていて、両親との確執とか、学校での居心地の悪さなど、遊びや読書など、回想記として一般的な話も多く、10年以上世代が下で極東の都会育ちの私などにも、共感を覚えることが多かった。

 サイードはパレスチナ・アラブ系キリスト教徒アメリカ人というややこしい属性を持った人で、エルサレムで幼少年期を送り、カイロで学童期を過ごし、アメリカで学位を取って研究者の道に入った。さまざまな事情からパレスチナやカイロから切り離された時期が長く、どこに住んでも自分は「よそ者」だという意識に、つねに苛まれた日々だったらしい。しかし本の最後のほうでは、このように書いている。

ふさわしくあること、しかるべきところに収まっていることは重要ではなく、望ましくないとさえ思うようになってきた。あるべきところから外れ、さまよいつづけるのがよい。(中略)決して過度にくつろくようなことのないほうがよいのだ

 サイードの本は難解だと、ときどき言われる(そう言わない人もいる)が、この本はそんなことが全然なく、後年の『オリエンタリズム』やパレスチナに関する本の背景が感じられて、文学的にも優れているのではないかと思う。この地域の人々の生活について書かれた本は、日本で多いとは言えない。

Dsc01053
サイードは91年に白血病と診断され、それがこの自伝を書く動機のひとつになったらしく、文中に何回か出てきます。2003年に68歳で亡くなりました

2018年12月11日 (火)

もうじきクリスマス

 近所のローズガーデンも、クリスマスの装いになってきた。2カ月前にはカボチャが並んでいたところに、サンタクロースがいる。

R0061708_2

 バラはもちろんまだ咲いている。一重の赤いのは、たぶん「カクテル」。

R0061711

 このアプリコット色のバラに憧れている。うちに植えたいなあ。

R0061710s

 わが家には以前、「グラハム・トーマス」という黄色の大輪があった。茂りすぎて、ある年の台風で根元から折れてしまった・・・。これは在りし日の姿。

R0011246








2018年12月 6日 (木)

吟行句会

 吟行で深川の芭蕉記念館に行く。清澄庭園から歩いたのだが、下町はどうしても緑が少ない。亡くなった姑が、落ち葉をひどく嫌ったのを思い出した。
 道端に枇杷の花が咲いていた。地味でやや寂しげな花だが、これを見ると12月を感じる。うちの近所にもある。わりに丈夫な木なのかもしれない。

Img_0497

枇杷の花人の時間の外に咲く〉    山田弘子

枇杷の花叩いて撫ぜる盆の窪〉    錦織栁史

枇杷の花何で私はここに居る〉    こはる 

 この日の吟行句会は17人。芭蕉稲荷で詠んだ句で、久しぶりに高点と主宰の特選をいただいた。

落葉して芭蕉稲荷の津波〉    こはる

Img_0501
(境内の説明板からも、大正6年に津波があったとわかります。ずっと昔からこの辺りには、たびたび津波が来ていたようです)



2018年12月 1日 (土)

『エルサレムの悲哀』  村田靖子  木犀社

 高校の同級生の集まりで、この本の読書会を、著者を招いて開かれた。クラスメートのひとりが著者の友人であったためである。著者を招いた読書会というのは、アメリカなのではよくライブラリー主催で開かれるらしいが、私は初めて出席した。いつもの同級生メンバーに、その友達などが加わり、17人ほどになった。

 著者は若いときからイスラエルにかかわって、ヘブライ文学を専門とされる人である。しかしこの本は、題材がパレスチナ問題に深くかかわりがあるので、読書会には社会運動関係の方も何人か出ていた。いつもは人数も少なく、政治色のない集まりである。私自身はパレスチナ問題には無知で、政治運動にもほとんど関心がない。四方田犬彦やエドワード・サイードの本を、ちょっと思い浮かべた程度である。

 エルサレムをめぐる9つの短編小説集なので、それぞれの短編ごとに感想を述べあった。著者には読んだ感想がナマでわかる、貴重な機会なのだそうである。それぞれにモデルらしきものがないわけではないが、何より短編小説集としてどうだったかが、これからの指針に結び付くということのようだった。

 静かで控えめな文章で、日常の中に潜む過去のホロコーストの影、ユダヤ人とパレスチナ人の差別と分断、徴兵制が文化に与える影響、アルメニア人のことなどが、数十ページの小説ごとに語られる。それぞれにはそれなりのモデルと背景があることを、著者から実際に説明されるのは、とても興味深い体験だった。作品としては須賀敦子を思わせるものがあった。

 イスラエルは軍事国家である。それでも最近では、例えば徴兵拒否をする若者が出てきたり、建国以来の歴史を謙虚に見直そうという動きもあるとか。しかし著者によれば、この本に流れる程度の社会批判の声でも、イスラエルに行ったら抑えなければならないそうである。日本だから、日本語だから、語れるというのもあるのかもしれない。

Img_0468

2018年11月21日 (水)

江東区役所

 東陽町の駅を出て、四ツ目通りをまっすぐ北に5分ほど歩くと、江東区役所に着く。ここに戸籍関係の書類を取りに行った。鬼平の若いころいたというのは、三ツ目通りだったかも、などとと思いながら。

Img_0448

 オリンピック会場になる予定の場所があるらしくて、大きな看板がある。

 そばの小さな公園に石碑があり、下のほうに、こう刻まれていた。

Img_0451

 A.P.とは水準点らしく、私が立っている区役所そばの場所は、満潮のときには水の下になるらしい。ここはゼロメートル地帯なのだ。全体は背の高い石碑で、こんな姿。

Img_0452

 いちばん上には「A.P.+4.21m 大正6年台風」、その下に離れて「A.P.+3.30m 第20号台風 昭和54年」、そのすぐ下に「A.P.+3.15m キティ台風 昭和24年」とある。よく見えないほど高いところまで、水が来たのだ。4メートルなら津波がやって来る高さでもある。

 区役所の若い女性職員は笑顔で、とても親切だった。でも、夫の両親がかつて住んでいた場所について、私が何気なく、「このあたりは空襲で焼野原になったんですよね」と言ったら、何の反応もなく、空襲すらよく知らないようだった・・・。 

2018年11月18日 (日)

片づけ

 母の遺品整理をしているが、自分の家を片づけなければ、遺品を引き取ることもできない。とにかく狭いもので……。古本屋に来てもらうことにして、その準備に追われた。

Img_0444

 片づけというのはずっとやっていると、おかしな心理状態になるらしく、何もかもいらないように思えてくる。もうこんな本は読まない・・・、こんな服は着ない・・・・・・。やりすぎると殺伐としてきて、精神状態にはあまりよくないと、ある知り合いの女性が言っていたが、そうかもしれない。
 片づけはきりがないのだ。終わりというものがない。私はもう年だし、大きな病気をして以来、あまり長生きしないだろうと思うことが多くなり、人並みに断捨離というのに励んで、身ぎれいにしてこの世を去りたいものだと思わないでもないが、そんなにカッコよくことは運ばないと、片方では強く感じていて、ぐちゃぐちゃで遺族に迷惑をかけるてもいいのだと思うことがある。母の教えかも。

 片づけていると、8月にリウマチの新薬になってから、体力が戻ってきたのを感じる。懐以外、どこも痛くない。まあ、ゆっくりやります。

2018年11月 8日 (木)

久しぶりに俳句の話

 先日、11月の句会があった。このところおよそ俳句気分ではなく、読む本も文芸書には遠いものばかり。気が乗らないまま作った。当日の兼題は「銀杏(ぎんなん)」。

銀杏を食う少しだけ縄文人〉   蕩遊

銀杏降る上野の森のムンク展〉  和子

焼銀杏一串五粒手酌かな〉   ちとせ

銀杏の実るホームや母の留守〉   こはる

 私はまだ母のことが頭から離れない。

 庭の野紺菊が咲いた。今年は夏が暑かったからだろうか、いつもより咲き始めが遅いような気がする。庭隅で手入れもしていないのだが。

甘えたき素振りも見せず野紺菊〉   こはる

P1050406
野紺菊は地味だけれど、群れて咲くときれいで、私はとても好きです)

 あまりにも俳句に縁遠い毎日なので、octpus11さんが紹介されていた小川軽舟の『俳句入門』 を、読んでみようと思ったところ。実は小川氏は、私の古文書の先生の俳句の師に当たる。今の私自身の俳句の師匠とは、かなり作風が違う。もう少し長い形のものを書きたいと、最近はよく思います。

 

2018年11月 5日 (月)

円成寺

 翌日も晴れて、朝から青空にうろこ雲に紅葉が映えている。

20181101_0951428830586_2

 柳生の里に近い円成寺に行った。11世紀の創建で真言宗御室派の寺で、応仁の乱の戦火に遭ったものの、多くの重文を残す寺である。大日如来像が有名で、以前の修理のとき台座から運慶直筆の墨書銘が発見され、運慶25歳のときの作であることがわかった。もちろん撮影なんかできない。

 こちらは重文の楼門。

20181101_0953055886599

 もともと大きなお寺だったが、明治維新後の廃仏毀釈で寺はかなり荒れたらしい。近年は修理が進んでいるそうだが、夫は50年近く前に来たときと、あまり雰囲気が変わっていないと言っていた。

 帰りの新幹線まで少し時間があったので、奈良駅に近い奈良女子大学に寄ってみた。記念館が公開されていたのである。

20181101_1359242470466

 文化祭ではなかったようだが、楽しそうな様子。ただし屋台などは出ていない。小さな穏やかな大学だった。

20181101_1354243603987

 近鉄奈良駅前には行基さんの像が立っている。私が初めて来た学生のころは、駅は地上だったし、像もなかった。学生の泊まる日吉館があったころの話である。あれから半世紀か・・・・・・。

20181101_1240413747000







 




 




2018年11月 3日 (土)

室生寺

 二日目は室生寺に行った。実に50年ぶりで、学生のころに室生口大野駅から歩いたことがある。今回はもちろんバス。
 室生寺といえばこの五重の塔が有名である。少し以前だが台風で大破し、修繕されたと聞いた。塔から少し上がったところからスマホで撮ったが、この角度から見ると何だかオモチャのようだ。実際にはもっと赤くてきれいなのだが、スマホは色がよく出ない。

20181031_1144516435468

 ここにたどり着くまでは階段ばかり。スマホの健康アプリによると、この日は1万歩以上歩き、階段を15階も上ったという。まさか! 歩きの1万歩は普段からときどきしているので、意外ではなかったけれど。

20181031_1053339416307

 紅葉は思ったより見られた。でもこれからですね。

20181031_1206314876081

 山あいなのでけっこう寒かった。「女人高野」の名にふさわしく、女性参拝客も多く、また女性の一人旅の方にも数人、出会った。どなたも私とあまり年齢が違わない。

 ありがたいことに、室生寺まで来ても,どこも何ともならなかった。カメラを持たなかったせいかしら。スマホの画像に満足できない私としては、複雑な心境である。







2018年11月 2日 (金)

正倉院展

 正倉院展に行ってきた。新幹線で京都、近鉄で奈良に着いたのは午後で、奈良国立博物館はかなり混んでいた。

20181030_1350054154193

 ここは入り口であとは撮影できない。今回はカメラを持たず、iPhone7だけである。
展示の目玉はポスターにもなっている螺鈿細工の鏡と箱。ここはとくに人だかりしていたが、観るのに困るほどではなかった。そういえば建物の入り口にあった待ち時間表示はゼロ。
 男性が多く、外国人観光客も目立った。ほとんどがひとりで団体はいなかった。夕方近かったからかもしれないが。
 今回は工芸品のほかに、お経などの文書類が多く、小さな角ばった字が、どこまでも続いていた。

 いい天気で新幹線から富士山がよく見えた。

20181030_1004263093434

 そしてこれは長良川。

20181030_1200125486106

 続きはもう少し整理して、また書きます。







«『現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病』   岸本忠三・中嶋彰   講談社ブルーバックス

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ