最近のトラックバック

2018年2月24日 (土)

『がん──4000年の歴史』上下  S・ムカジー/田中文・訳  ハヤカワノンフィクション文庫

 原題はThe Emperor of All Maladies──A Biography of Cancer。上下2巻、800ページを超える長編で、ピュリッツァー賞を受賞している。Amazonのレビューの評価も非常に高い。でも、とにかく長かった。長すぎると私は思う。4000年にもわたる癌の伝記ということだが、実際には19世紀の末ごろからの癌研究史で、素人が今に役立つ知識を得ようとするなら、下巻の200ページ目くらい、染色体の話が本格化するあたりから読んだほうがいいのではないかとさえ思った。もっとも、この長大な記述の中に、癌の複雑さや不可解さ、怖さが存分に出ているわけで、一を聞いて十を知るどころか、百を聞いても一さえおぼつかない高齢の私などには、話がおもしろいだけ、よかったとも言えそうだ。

がんはわれわれのゲノムに組み込まれている。無制御な細胞増殖を引き起こす遺伝子は、生体にとって決して馴染みのないものではなく、生命維持に不可欠な細胞機能を担う遺伝子の変質した、ゆがんだバージョンなのだ。(中略)ヒトという種の寿命が延びるにつれて、悪性の細胞増殖が避けがたく解き放たれてしまうのだ

 以前に、スーザン・ソンタグの闘病を息子が書いた本(『死の海を泳いで』D・リーフ著 岩波書店)を、読んだことがあるのを思い出した。ソンタグは40代で進行した乳癌を患って克服、それから約20年近くたって子宮肉腫を患い、これも化学療法を駆使して克服した。それは彼女の誇りになっていたはずだ。そして70代になって骨髄異形成症候群になり、72歳で亡くなった。このムカジーの本にはそのことが出てきて、彼女はおそらく前の2回の化学療法が原因で、骨髄異形成症候群になったのだろうと書いている。治療が新たな癌を呼ぶ・・・、癌の治癒とは何なのだろうと、一人の術後患者として、考えないではいられなかった。

Dsc00806
(実はまだ最後の2割を残しているのですが、疲れすぎないうちに・・・。この本を教えてくださったのは、まちこさん。感謝です)

2018年2月16日 (金)

『美術の力』  宮下規久朗  光文社新書

 総カラーの美術をめぐるエッセー。帯にはこうある。

いったい、美術にはどれほどの力があるのだろうか。心に余裕がある平和な者には楽しく有意義なものであっても、この世に絶望した、終わった者にも何か作用することがあるのだろうか

 著者はそれを自分で試してみているようである。後書きに4年前に娘を病気で亡くし、何事にも興味がなくなったとある。その中で巡礼のように各地の絵を見て回り、これを書いた。絵を見るとはどういうことなのか、深く考えられる文章が続き、心に残るものだった。
 もともとカラバッジョの専門家として有名な人で、この本にもイタリア絵画の話が多いが、絵巻物や藤田嗣治の絵など、日本のものも含まれている。読んでいるうちに、今までの自分の偏った印象が直され、一層鮮やかになった個所が、いくつもあった。著者は、絵を見るというのはかなり知的な行為で、知識を持って鑑賞したほうが得るものが多いと断言している。絵の前でボンヤリ感心して眺めているだけなのは、もったいないのかもしれない。

 耳が悪くなって以来、目からの情報に頼ることが多くなった。テレビより本、映画館より美術館がいい。

Dsc00802
(日本画にも詳しい方で、とてもおもしろかったです。四国の金刀比羅宮が美術品の宝庫だなんて、知りませんでした)

2018年2月14日 (水)

水泳再開

 手術から4カ月、体力は戻ってきたが、体重が戻らない。食べているのだから、もう気にしないことにした。世の中には痩せたい人のほうが多いのだ。服から指輪、靴までゆるくなったのには閉口するが。

 水泳教室に復帰することにした。もともと中級クラスにいたのだが、体力を考えて初中級に。コーチは顔なじみである。今日は2回目で背泳ぎ、その前は平泳ぎ。以前と同じように泳げる(大したことはない)のは不思議なくらいである。体のどこかが覚えていたらしい。泳いだ後で、メチャメチャ疲れるようなこともなかった。じきに中級クラスに戻れそうだ。バタフライは中級でしか練習できないのである。

 日差しが強くなり、春を感じる。お見舞いにいただいた蘭の花も満開で、かすかにいい香りがする。

R00615272

2018年2月 8日 (木)

2月の句会

 兼題は「梅」だった。うちの梅はまだ咲かない。近所はまだ雪が残っているくらいだ。

平凡でいいと言ふ父梅一輪〉   こはる

 点を入れてくれた方は、「笠智衆と原節子だね」。じつはこれ、藤沢周平と娘の遠藤展子。展子氏の回想録には、父としての藤沢周平が、よく「普通でいい」と言っていたと、何回も出てくる。私の父もそう言ったような・・・。子供は健康であれば、それでいいのだ。普通に平凡に、なかなか難しいものである。

マニキュアに赤をぽっつり梅日和〉   ちとせ

梅開く窓越しに見る新生児〉   容子

 これらは高点句。紅色を連想させる華やかさのある句。春はこうでありたい。

P1020367
(近所の梅林公園で。2年ほど前の写真です。「梅は紅梅」と、清少納言が書いていましたっけ。もうじきですね)

2018年2月 2日 (金)

『兼好法師』  小川剛生  中公新書

 副題は「徒然草に記されなかった真実」。帯には「今から五百年前、“吉田兼好”は捏造された」とある。
 兼好は卜部の人ではあったようで、若いころに「うらべかねよし」として家族の書いた手紙に出てくるそうだが、吉田の人ではなく、また蔵人として朝廷に仕えたわけでもなかったらしい。むしろ無位無官のまま、自分の才能だけで、内裏や貴族の邸に出入りし、中世の乱世を生き抜いたところに、大きな魅力があったと考えたほうがいいようだ。彼の才能は和歌だけでなく、経済面にもあったらしくて、都に複数の不動産を所有し、緻密な契約書などが残っているそうである。実家にも地位はともかく、経済力があったのは確かだとか。鴨長明より生活に追われていなかった? うらぶれた遁世者のイメージとは、かなり違う兼好像が浮かび上がる。

 徒然草は学校で必ず、原文のまま習う。文部省の指導要領で決まっているらしい。わかりにくい文章にうんざりして、古文嫌いになる元凶になっているかも。いっそ現代文で、当時の社会構造、公家や武士の暮らしなども紹介しながら、兼好のアイロニーに充ちた随筆を読んだほうが、よっぽどおもしろいのではないかと思う。

Dsc00788
(左は同じ著者の現代文訳つき「徒然草」(角川ソフィア文庫)で、500ページもあります。高校のとき、これがあったらよかったのに。もっとも著者は1971年生まれで、私はその前に卒業してしまっていますが・・・)

2018年1月26日 (金)

団地の大雪

 22日に大雪が降った。都心はもう雪が消えているところが多いのだろうが、ここは埼玉に近い区部の北辺である。団地というのは、建物が大きいから影も大きく、雪がなかなか消えない。ゴミ捨て場に行くのも、足元に気をつけながら、こわごわ歩いている。

Dsc00783

 今朝のうちの庭。霜柱でジャリジャリになっていた。

Dsc00781

 22日午後の庭の様子。雪女が団体で来たみたい……。

Dsc00775
(知人が転んで骨折したという電話が来ました。当分、買い物にも不自由しそうです。皆様もご注意を)








2018年1月21日 (日)

またカワセミ 

 明日は雪だそうなので、今日のうちに買い物を済ませる。帰りに通りかかった池では、カワセミがいた。池の中の木の枝にいる。よくやって来るのだが、いつも同じ鳥かどうかは、わからない。ときどきピピピと鳴いている。今日はカメラ愛好家もいなくて、池の周りは静かだった。

Dsc00755
(コンデジの望遠側、500ミリで。やっとピントが合いました)

『我々はなぜ我々だけなのか』  川端裕人・海部陽介  講談社ブルーバックス

 副題は「アジアから消えた多様な人類たち」。実際の著者は科学ジャーナリストの川端氏で、理論的バックボーンはすべて海部氏。ほんの5万年前までアジアには、ホモサピエンス以外の「人類」が、たくさん住んでいたという、ドキドキするような本である。2003年、インドネシアで小さな人類「フローレス人」が見つかったときの驚きは、私でさえ記憶がある。人類は、猿人→原人→旧人→新人と順番に進化したと、大昔に習ったような気がするが、そんなに単純な話ではないらしい。交雑も充分に考えられるようだ。本の末尾近くにこうある。

ぼくたちの中に彼ら(文中のジャワ原人などを含む)はいて、ぼくたちの一部である。そのような可能性を感じるだけで、自分自身も、ホモ・サピエンスという種も、限りなく開かれた存在に思えてくる

 発掘現場を訪ね、研究室を訪れ、種としての人間とは何かに迷い、これからの人類進化の方向についても考える川端氏の文章は、とてもわかりやすくて、大きな旅に同行するような気持ちになった。

R0061523
(表紙の写真はフローレス原人の復元模型)

2018年1月20日 (土)

大寒のシクラメン

 シクラメンは毎年、濡縁に出しっぱなしにしている。このままで5月まで咲き続け、数年は持つのだが、今回は去年の11月に買い替えた。日当たりがいいのが気に入っているのか、大寒の寒気にさらされても平気らしい。
 今回のシクラメンの鉢には、こんな札がついていた。

R0061522

 今日はやや「寒すぎ」らしい。シクラメンは、建てつけの悪い家の南向きの廊下が好きで、暖かいマンションの窓辺などは好かないと、聞いたことがある。あまり過保護にしないで、外に出しておいたほうがいいみたいだ。

R0061521
(一日おきに水をやり、ときどき花柄摘みをすれば、えんえんと咲き続けます。東京の冬はそんなに寒くないということなんでしょうね)


2018年1月19日 (金)

『藤沢周平 遺された手帳』  遠藤展子  文藝春秋

 著者は藤沢の一人娘で、表紙の題字はその一人息子、つまり藤沢の孫が筆で書いている。著者の生まれた昭和38(1959)年から、練馬区大泉学園に引っ越す昭和51(1976)年までの13年間、藤沢が書き残した4冊の手帳が原資料で、昭和48年に直木賞を受賞し、翌年49年に専業作家となる間の日々を、娘の解説で知ることができ、作家誕生秘話という趣がある。

 自分の作品に辛口だった周平だが、ときにはこんなことも。

〈…人間の不可解さのようなものに触れていて、それが無理に割り切ろうとしていないとこがいいのかもしれない

 その通り。今でも読まれるのは、時代小説として、筋がおもしろいからだけではないのだ。藤沢は70歳になる前に亡くなっているが、老年についても40代からすでに、強く意識する人だった。

豊穣で静かな青春の風景というもの。それは当時はみえず老年になって、はじめてみえてくるものだ

 そして62歳のとき、ある雑誌のインタビューに、こう答えている。

格好よく年をとりたいとかは全然思わなくて、年をとるごとに非常に醜くなっていく、それで結構だと思っています

 年をとって、自分の人生と折り合いをつけるのは難しい。93歳の母のいる老人ホームを訪れるたびに、そう思う。せめて自分の老年を、ひたすら嘆くのではなく、そこそこ受け入れて、ときには友と笑い合いたいものだ。

Img_0461_2

«メジロ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ